スポンサード リンク


インスタント食品にはどんなメリットとデメリットがあるの?


メリットとデメリットを知って、うまく使いこなそう!


インスタント食品は一般の家庭でずいぶん使われていますが、
メリットやデメリットを知っておくことで、
状況に合わせて使うことができますよね!


<インスタント食品のメリット>

・調理が簡単なので、誰でも作れる。
・短時間で食べられる(お湯があれば、3分後には食べられる)
・保存期間が長いこと。
・手に入れやすい。
・非常食に常備しておける。
・値段が安い。
・種類が豊富にある。
・フリーズドライ食品はとても軽いので
・持ち運びやすい。
・ゴミが出にくい。
・摂取できるカロリーや栄養素がはっきりしている。
・おいしい。

<インスタント食品のデメリット>
・保存料や食品添加物などが入っている
・塩分が多いものが多い。
・味が濃い。
・インスタント食品だけでは、取れない栄養素があるので、
 栄養が偏ってしまう
・長期保存できると思い、たくさん買いすぎて、
 消費期限を過ぎてしまうことがある。
・カロリーが高いものも多い。
・カルシウム不足になりやすい
・亜鉛不足になる。
・食物繊維は摂取しにくい。


手に入れやすかったり、誰でも簡単に作れる面では、
インスタント食品に勝るものはないかもしれません!

手軽さゆえに、インスタント食品に頼りっぱなしになってしまいがちです。
栄養面やカルシウム不足などの面からみても、
インスタント食品ばかりを摂取するのは体によくありません。


デメリットのところにも上がっていますが、
食品添加物や塩分、カロリー、カルシウム、亜鉛不足
などは、体に深刻な状態をもたらしかねません。


インスタント食品ばかりを摂取することでの影響については
こちらのページへ
| インスタント食品のメリット・デメリット
スポンサードリンク

中国から完全撤退
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。