スポンサード リンク


インスタント食品のいいところって?親子で作っておいしくたべるコツ!


インスタント食品のいいところって、どんなところ?
それは、おかあさんとこどもがいっしょに「かんたんに」つくれるところですね^^
小学生(しょうがくせい)になれば、自分でごはんを作る機会(きかい)も増えます。

おかあさんが忙しい時に(いそがしいとき)自分でご飯をつくることができれば、
おかあさんもとてもたすかりますよね!


インスタントラーメンなどは自分でかんたんにつくれるのでいいですね!
インスタントラーメンだけでは栄養(えいよう)がたりませんので、
かんたんで、栄養もとれるインスタントラーメンの作り方をご紹介(しょうかい)しますね

しょうがくせいのあなたが自分でつくれるようにかいてみましたので
よんで、のーとにメモをして、つくってみましょう!

<ざいりょう>
・キャベツを千切りにする(キャベツ1〜2枚分)
・卵(たまご)
・牛乳(ぎゅうにゅう)

<つくり方>
@インスタントラーメンの袋にかかれている分量(ぶんりょう)のお水をわかします
 そのときに、キャベツも一緒に入れます。
A沸騰したら(ボコボコとなってきたら)インスタントラーメンをいれます。
B袋に書いている時間だけゆでます。その途中で卵を割りいれます。
(まぜるとはやく固まります!)
Cついている調味料(ちょうみりょう)をいれます。
Dうつわに入れて、完成(かんせい)です!

インスタントラーメンを食べるときは、カルシウムが足りなくなりやすいので、
かならず牛乳といっしょに食べるようにした方がよいですね!

これなら、インスタントラーメンの栄養だけではなく、
牛乳のカルシウムも、卵のタンパク質も、キャベツの食物繊維(しょくもつせんい)やビタミンも
少しですが摂る(とる)ことができます。

インスタントラーメンのよいところとして、「おいしさ」もありますよね?
ついつい食べたくなってしまいますが、毎日食べるのはやめておきましょう。
インスタントラーメンでお腹がいっぱいになると
もっとたくさんの栄養のある食べ物が食べられなくなってしまいます。


だから、多くても一週間に1回まで、くらいの方がよいですね。
もしあるならば、デザートにバナナをたべると、より栄養のバランスもよくなりますよ。
| インスタント食品の気になる話題
スポンサードリンク

中国から完全撤退
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。